いつ贈るのがよいのか

結婚をするとやらなければならないことが沢山あります。その中の一つが、お世話になった人に内祝いを贈るというものです。もっとも、内祝いは人生でそう何度も贈るものではないため、どのタイミングで贈れば良いかわからないという人は多いのではないでしょうか。そういった方はあまり難しく考えずに、結婚したらなるべく早く贈るのが良いと覚えておくと間違いはありません。厳密にいつまでに贈らなければならないという決まりは存在しませんが、一般的には内祝いはおめでたい出来事があってから1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。そのため、何らか目安を知っておきたいという場合には、結婚してから1ヶ月以内に相手方に贈り物が届くように準備を進めると良いでしょう。

どういったものを贈ればよいのか

では、結婚の内祝いには、どういった品物を贈ればよいのでしょうか。これについても特に決まった答えは存在しないため、基本的には相手に喜んでもらえるものを贈れば大丈夫です。お酒好きの人であれば少し高めの日本酒やワインなどがおすすめですし、小さな子供がいるような相手であれば、普段使いしてもらえるようなタオルセットなどを贈るのもおすすめです。もしどうしても何を選べば良いかわからないということであれば、デパートなどのカタログギフトを贈るのも一案です。カタログギフトであれば、受け取った相手方が自分が欲しいものを選べますので、せっかく時間をかけて選んだのに気に入ってもらえないということにならずに済むからです。