一般的な相場と金額に見合わない時の対処法

結婚や出産で親類や知人に贈り物を貰った時の返礼品の金額について頭を悩ませる人も少なくありません。地域によって内祝いの返し方に若干の違いはありますが、一般的に頂いたものの半額から1/3程度が相場です。中には感謝の気持ちを金額で示したいと高い物を選んでしまう人もいます。しかし、あまりに高価過ぎる内祝いはお祝いの気持ちを突き返す行為と受け取られてしまいかねません。逆に金額が極端に低すぎても、適当に選んだと取られることがあります。本来であれば金額で優劣を付けることは正しいとは言えませんが、その後の関係に悪い影響を与えないように相場の範囲内で納めることが大切です。もし祝いの品に見合わないと感じた場合は、後日旅行の手土産などを渡せば問題ありません。

内祝いを渡す時のマナー

内祝いはただ相手に品物を渡せば良いというわけではなく、決められたマナーが存在します。まず基本として挙げられるのがのしです。のしとは慶弔時の贈り物で使われる飾りのことで、一昔前であれば干しアワビが使われていましたが、時代の移り変わりで水引きに変わっています。受け取る側の中にはのしの有無についてこだわらない人も少なくありません。しかし、のしがないことで何を目的に渡されているか相手に正確に伝わらないケースもあります。そのため、相手の考えに関係なく内祝いではのしを付けることがマナーです。 渡す時は時間帯にも気を付けなくてはいけません。午前中や夕方など家事で慌ただしくなりがちな時間に訪問すると迷惑になることがあります。お昼を過ぎの1時から3時までの時間に行くことが基本です。